粗大ごみ魂

リサイクルショップにベット回収してもらう

使わなくなったベッド、場所をとるし早く回収・処分してしまいたいですよね。
そんな時、利用したいのがリサイクルショップです。
粗大ごみとしてベッド回収してもらうのもよいですが、お金がかかります。
でもリサイクルショップなら、ベッド回収にお金を払うどころか、買い取りによって現金を手にすることができるかもしれません。

リサイクルショップで、ベッドの買い取りをしてもらうには、ポイントがあります。
新品はもちろん、中古のベッドでも状態のよいものであれば、買い取り査定の対象になります。

リサイクルショップにもよりますが、ベットで買い取りの対象となるのは、何といってもメーカー、ブランドものです。
ベッドの最高級ブランドといわれる、シモンズ、キングスダウンをはじめ、テンピュール、カッシーナなどの有名なものは、高価買取が期待できそうです。

まずは、インターネットで無料の見積もりを申し込んでみましょう。
査定日と買い取り日が決まれば、あとはベッド回収を待つだけです。

ベッド回収で回収業者を利用する際の心得

引越しは人生の中でそうそうない機会です。
だからこそ、引越しを機会に思い切って新しい家具にかえるという方も多いのではないでしょうか。
そして、新しい家具選びともなると、特に女性の方の楽しみの一つといえるでしょう。

やっとお気に入りの家具が見つかったあなた、次にしなければならないことは、古い家具やベッドの始末です。
長年、お世話になった愛着のものなら、捨てるのにためらう方もいらっしゃるでしょう。
でも、一人暮らしの方にベッドは2つはいりませんよね。

ベッド回収は、お住まいの自治体の粗大ごみ(有料)の回収サービスを利用するか、不用品回収業者を利用するとよいでしょう。
ただし、不用品回収業者にベッド回収を依頼する際の注意点があります。
というのも、最近ベッド回収をはじめ、不用品回収業者を利用した消費者からの苦情が消費者センターに多く寄せられているからです。
苦情の多くは、高額な料金の請求を受けたというものです。
みなさんも不用品の処分で業者を利用する際には、悪徳な業者を避けるよう心がけましょう。

横須賀市でもある無許可の問題点

よくあなたの街でも見かけることがあると思いますが、マイクで廃品回収のアナウンスをしている業者がいるとおもいます。

しかし、その中には、違法に無許可で粗大ごみの処分をするものもいますので、注意が必要です。

粗大ごみを収集するには、法律で定める許可が必要になります。

これに従わずに軽トラックなどで巡回し、家電や粗大ごみの処理を請け負う業者がいます。

これは、不法投棄の原因を作っていることにもなるので、そんな業者を見かけたら、すぐに自治体に連絡することを心がけてください。

粗大ごみがお金になることが分かっているので、無許可で粗大ごみの回収を行う業者が後をたちません。

横須賀市で粗大ごみをキチンと捨てたい場合にはこういった業者を使いましょう。

特に家電製品などは、リサイクル料金も最終ユーザーがその処分料と一緒に支払うようになりますので、数が集まれば結構な金額になります。

粗大ごみの買取りは誰でも利用できる?

「要らない物を処分したい…。」
これは、年齢・性別を問わずどなたでも1度は考えた事があるのではないでしょうか。
必要のない物でまだ使える物は、粗大ごみ回収の買取りサービスやリサイクルショップに出せば、処理ができるうえに、利益が出る可能性もあります。

しかし、このような買取りサービスは、必ずしもどなたでも利用できるというわけではありません。
粗大ごみ収業者やリサイクルショップによっては、18歳未満のお客様からは買取りができないというように年齢制限を設けている事がある為です。
20歳未満のお客様はお断りさせていただいていますという業者も珍しくありません。

ホームページなどで「どなたでもご利用いただけます。」
と記載している粗大ごみ回収業者やリサイクルショップもありますが、いざ取引をする時になって年齢制限で断られてしまう可能もあります。
気になる方は、念のため実際に取引を行う前に電話などで確認を取っておくと良いでしょう。

粗大ごみを捨てないとやはり美容と健康にも影響がありますよね?

どうしてかって?

汚い物が部屋にあるということはストレスの原因になります。

またホコリなども溜まりやすくなるのです。早めの粗大ごみの処分を考えましょう。

八王子市でゴミ減らし粗大ゴミも減らす

粗大ごみでも、まだまだ使うことが出来る製品は、リサイクルショップなどに買い取りをしてもらう事で、最終的な粗大ごみの量を減らすことにもつながり、かつ、お財布にも優しいので、粗大ごみをそのまま捨てるのではなく、出来るだけ分別する事でごみ減量にもつながります。

ごみはどこまで行ってもごみなので、最終的な処分でも必ず形として残ってしまいます。

特に燃えない粗大ごみに関しては、細かく砕いてもその量はかわりません。

なんのことはない、体積が小さくなるだけで、重さそのものも変わらないのです。

つまり、出来るだけ粗大ごみを分別することで、体積もその量も減らすことがつまり、ごみの減量につながると言うことです。

リサイクルできるものはリサイクルしますが、やはり不要なものは買わない、使わないなどを心がけることが一番のエコ運動にもなり、粗大ごみの減量に繋がります。

八王子市で粗大ゴミをなるべく減らしたい場合にはこちらで買取などがあるので粗大ゴミとして処分するものを減らすことが出来るのではないでしょうか?

相談なども無料ですのでどうでしょうか?

自転車の捨て方

古くなった自転車を処分する場合は、自治体の処理区分を確認しなくてはなりません。
自治体によると、不燃ごみとして捨てられるところもあれば、
粗大ごみの分類になるところもあり、資源ごみと判断されているところもあるようです。

ただし、アシスト付き自転車の場合は注意が必要です。
粗大ごみとして回収してもらおうと出したのに、回収されない場合があるようです。
専門業者に依頼するようにお願いされることがあります。

アシスト付き自転車は構造上、充電池駆動になっています。
構造上解体が特殊になるため、粗大ごみではなく専門業者への依頼が必要となります。
つまり、アシスト付き自転車はバイクと同じようなものであると見られている可能性があります。
この場合は、購入したところなどに連絡して依頼するようにしてください。

もう乗れないような状態の場合は、解体して不燃物にするという手もあります。
ただし、解体時の怪我などは自己責任になることを忘れないようにしましょう。

粗大ゴミの適正業者

粗大ゴミ回収業者はたくさんあります。
その中から信頼できるところを選ぶ時には、免許の有無を確認するようにしましょう。

適正な業者は、必ずホームページなどに免許の種類が掲載されています。
免許は行政から認定された業者にのみ与えられるものです。
掲載されていない場合は、違法業者である可能性もあるため、十分な注意が必要です。
違法業者である場合は、様々なトラブルを生み出す可能性もあります。
法律を守る適正な業者を付き合うようにしてください。

また、粗大ゴミは個人情報とも密接な関係にあります。
個人情報の管理が徹底されている粗大ゴミ回収業者でなくてはなりません。
特にパソコンのデータや機密文章、重要書類などを扱う場合もあるので、
プライバシーの保護を絶対に守る業者を選択するようにしましょう。

粗大ゴミ回収業者は、産業廃棄物管理票という書類を用意しています。
必ず依頼時には、このような証拠となる証明書を発行してもらうようにしてください。

家電リサイクル対象商品などの廃棄にかかる費用の違い

家電製品の中には、粗大ごみと同じように処分するものと、
家電リサイクル法に基づいて処理するものに分かれます。

リサイクル料金は、色々な条件によって価格差が生じてしまいますが、
大体の目安をご紹介します。

エアコンは2625円のリサイクル料金がかかります。
また、洗濯機や衣類乾燥機も2520円のリサイクル料金が必要です。

しかし、冷蔵庫や冷凍庫は大きさで価格も変わってきます。
冷蔵庫と冷凍庫は、170リットルが基準です。
170リットル以下であれば3780円がかかってくるでしょう。
また170リットルを超えるようであれば、4830円の準備が必要です。

テレビの場合は、種類が異なっても大きさだけに注目しておけば問題ありません。
ブラウン管であっても、液晶であっても、プラズマであっても、
15型以下は1785円のリサイクル料金です。
また、16型よりも大きくなる場合は、2835円の費用が発生します。

粗大ごみと同じように家電製品も処分する際には、費用がかかります。
しかし、粗大ごみとの徹底的な違いは、このリサイクル料金にプラスして、
運搬や回収費がかかってくることです。
しっかり覚えておいてください。

洗濯機の処分をお考えでしたらこちらで知識を付けられます。

粗大ごみはリサイクルッショップに持ち込むと有料?

転居に向けての準備や大掃除ででてきた粗大ごみ。
これまで処分できなかったものもこれを機会に捨ててしまおうと考えるものもあって多くなりがちですね。
リサイクルショップに持ち込むと買い取ってくれる場合があります。
でも買取不可能な場合には、有料で引き取りになるのでしょうか?

ごみのなかでも、新しくてまだ使えるというものはリサイクルショップなら買い取ってくれると思います。
再び販売することを考えて、お店ごとに買取の基準は異なっていますので持込先によって買取価格が変わったり買取をしてもらえなかったりということもあります。
きれいなものや新しいものならたいてい買い取ってくれると思いますが、特に全国チェーンなどの大型リサイクルショップでは6年前製のものでも買取をしてくれないところもあります。
逆に、地域の個人で経営しているリサイクルショップの方が買い取ってくれることもあるんですね。

もし、買取してもらえなかった粗大ごみは自分で処分することになります。
持ち込んだものを有料で処分してくれるリサイクルショップもありますね。
これなら、収集日まで自宅においておく必要もなくて便利ではないでしょうか?
たくさんの不用品と一緒に回収してもらいたい場合には、有料で回収にきてもらうことを選ぶのもいい方法です。

これも、地域やお店によりますが小さなリサイクルショップなら無料回収してくれる場合もあります。
粗大ごみを格安で販売するためかもしれませんね。

粗大ゴミを東京で処分するならこちらでお申込みしませんか?

粗大ごみの処分は行政と民間どちらに頼んだ方がいい?

引っ越しはもちろん、家の模様替えや家具などの買い替えでどうしても出てきてしまう粗大ごみ。
どうやって処分するのが一番いいのか考えますよね。
お住まいの地域、市や区といった行政による収集か民間の不用品回収業者などかどちらに依頼をするほうがいいのでしょうか?

まず、行政に粗大ごみの収集を頼むには予約をする必要があります。
持込に対応している地域であれば、持ち込むことも可能ですがそちらも予約が必要です。
そして1品ごとに処分料がかかり、回収の日まで時間があくことも多いのが行政による回収です。

民間の不用品回収業者に頼んだほうが早く処分してくれるということはあると思います。
たくさんごみがあるというときや自分では運び出せないというときには利用してみたくなるのではないでしょうか。
ですが、心配なのがどの業者にするのかということです。
数ある民間の不用品回収業者の中には悪質な業者もあり、被害の声も寄せられています。
心配だと思ったら、行政にお願いするか行政がすすめている不用品回収業者に依頼すると安心だと思いますよ。

もしくは、よく知っている引っ越し業者に依頼するのもいいかもしれませんね。
大手引っ越し業者なら、引っ越しのさいに粗大ごみの処分も有料で行ってくれるところが多くあります。
粗大ごみの処分の料金が不透明だとか、あまりにも安いとかいうところは注意しておいたほうがいいかもしれません。
行政に頼むか民間に頼むかは、どちらがいいということもなく事情に合わせて選ぶのがいいのではないでしょうか。

品川で粗大ゴミの処分をお考えでしたらこちらの業者がおすすめしています。

最新情報